剛会 -公式ホームページ- :Top Page 剛会 -公式ホームページ- :ご案内 剛会 -公式ホームページ- :会員情報 剛会 -公式ホームページ- :お問い合せ 剛会 -公式ホームページ- :リンク
  剛会情報:会長挨拶
  剛会情報:沿革

指導方針

「空手」は本来「素手」で相手を倒す為の技術です。現代では、自らの護身と心身練磨を目的として修行されていますが、その技術を身につけるには、先ず身体の鍛錬が必要となります。

古来より、その時代環境の中で様々な鍛錬法が研究されてきましたが、空手を学ぶ幼少年 (身体的に未発達) の生徒数が増加し、身体の成熟度にあった練習法が求められています。

空手を学ぶにあたり生徒に、「怪我をしない、させない」ことは非常に重要な事です。それを実践する為には、

  1. 鍛錬をして基礎体力を作る。
    • 組手の練習に耐えうる体を作り、同時に忍耐力をつける。

  2. 先ず受ける技術を身につける。
    • 相手の攻撃を受け、同時に攻撃する(コントロール=寸止め)。

といった事が必要となります。

そして、基本の技を正確に身につけてゆくにつれ、身体の成熟度に合わせて技術の向上を図ってゆきます。未熟な身体・体力・精神では高度な技を身につけることは不可能だからです。
また、特に幼少期には技術よりも以下の点に重点をおいて指導をしています。

  1. 礼儀作法
    • 挨拶:声を出して、はっきりと言う。
    • 言葉づかい:目上に対して正しい言葉づかいをする。

  2. 姿勢(態度)
    • 胸を張って、ハキハキした態度。

  3. 団体行動
    • 整列、号令をかけることで、指導力も養う。

礼節を正し、自分の力を知ることで、人に優しく、正しく接することのできる人間を作る。
その様な次世代を担ってゆける生徒を育てて行くことを目指して、剛会は活動をしています。

>> 剛会情報 先頭に戻る


剛会役員

会 長
主席師範
坂巻正夫

副会長
次席師範
杉本勝美

理事長
師 範
山本幹男

理 事
師 範
内藤一男

理 事
師 範
向島道場
山川政邦

理 事
師 範
向島道場
宮谷 進

理 事
事務局長
師 範
八広道場
寺田 忍

師 範
葛西道場
酒井正夫

師 範
鈴木幸雄

師 範
事務局次長
両国高校OB
八木 充

師 範
向島道場
田中康夫


>> 剛会情報 先頭に戻る


>> 剛会情報 先頭に戻る

Copyright (c) 2005 Tsuyoshikai. All rights reserved.